入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例


 「留学」から「投資・経
  営」の基準の明確化
 
 

    
Q&A  オーバーステイ・在留特別許可編

※ 当事務所には行政書士法により守秘義務が課せられておりますので、実際の相談内容を開示しているわけではありません。


Q1 オーバーステイの期間が長期だと在留特別許可は無理ですか?
Q 私は日本人女性です。私には交際を始めて3年になるパキスタン人の彼がいるのですが、先日その彼が自宅近くの路上で警察官に職務質問されてオーバーステイだったことがバレてしまい逮捕されてしまいました。

 彼は19歳の時に観光ビザで日本に来たときからずっと小さな工場で働き15年間オーバーステイを続けて・・・〔続きを読む>>〕

Q2 弁護士に問題ないと言われていたのに入国管理局に収容されました
Q 私は韓国人女性で「留学」の在留資格で専門学校に通っています。私には中国籍の夫(「家族滞在」)がいるのですが、先日夫が窃盗罪で警察に逮捕されました。

 幸い裁判では執行猶予が付きましたので夫は釈放され、国選弁護人の先生の話ではビザの問題は大丈夫だろうということでしたので安心して・・・〔続きを読む>>〕
                                        
Q3 起訴されてしまうのでしょうか?
Q 私は日本人男性です。私の内縁の妻(タイ人)についてお尋ねします。彼女はタイの農村部の出身で2年ほど前にブローカーの手引きで観光ビザを取得して来日し、その日のうちに数百万円の借金を背負った事実を告げられホステスとして働かされていました。

 そして来日してまだ間もない頃でしたが私がそのお店に客として訪れた時に人目惚れして交際が始まりました。私は彼女にホステスの仕事を辞めさせ・・・〔続きを読む>>〕

Q4 人身取引の被害者に該当するのでしょうか?
Q  Q3の質問者です。引き続きご質問させて頂きます。人身取引について詳しく教えてください。また、私の妻(内縁の妻)は人身取引の被害者に該当するのでしょうか。

 ちなみに妻は日本に来る際にブローカーからは日本で高収入の仕事があると聞かされていましたが、それがホステスのことだと・・・〔続きを読む>>〕

Q5 養子縁組による在留特別許可は可能でしょうか?
Q 私は日本人男性で年齢は57歳です。私は同じく日本人である妻と共にアパートを経営して生計を立てております。

 私どものアパートには中国人の女性がおります。彼女は4年前語学留学生として来日、しかし1年後には高額な学費が払えなくなり除籍処分と・・・〔続きを読む>>〕

Q6 OSの彼と結婚したいです。私は公務員ですが大丈夫でしょうか・・・
Q 私は日本人女性で、職業は公立高校の教員です。私には語学スクールで知り合ったアメリカ人の彼がおり、現在同棲しています。

 彼は知り合った当初は語学スクールの講師でしたので「人文知識・国際業務」の在留資格を持っていましたが、その後勤め先の語学スクールが倒産してしまい、思うように転職先も見つからないまま・・・〔続きを読む>>〕

Q7 主人が覚せい剤取締法違反の罪で捕まりました
Q 私は日本人女性です。私の夫はカナダ人で千葉の英会話スクールで講師の仕事をしておりますが、実は2年ほど前に夫は覚せい剤を所持しているところを逮捕され、懲役1年半執行猶予3年の有罪判決を受けました。

 幸い執行猶予が付きましたので、以来夫はこれに懲りてまじめに働いていました。そして6ヶ月前になりますが、夫の配偶者ビザの更新時期・・・〔続きを読む>>〕

Q8 上陸特別許可について教えてください
Q 私は日本人男性です。私には中国人の彼女がいるのですが、その彼女がオーバーステイであったため入管に捕まってしまい、先日強制送還されました。

 私達は交際を始めてから6ヶ月ほどたっておりましたが、まだ同棲はしていませんでした。このようなことになってしまいましたが、ふたりとも別れるつもりはなく近い将来に結婚して日本で暮らそうと・・・〔続きを読む>>〕




                                 ⇒お問い合わせはこちら

 【重要】
 逮捕・収容後に在留特別許可を求める場合、中途半端な知識で行なうと取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。必ず専門家の指導の下行なうようにしてください。


          在留特別許可サポート

                出頭案件    80,000円(税別)

                収容案件    160,000円(税別)


                           詳細はこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.