入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

         在留特別許可サポート

      
             出頭案件    80,000円(税別)

             収容案件    160,000円(税別)


 サービスの対象となる方

 出頭案件の対象となる方(原則として東京入管(横浜入管)へ出頭する方が対象です)

 ・現在オーバステイの状態にあるが、日本人や特別永住者と婚姻した方

 ・外形上有効な在留資格をもっているが、上陸禁止期間に不法入国した等の
 理由により、生体認証システムに感知されるおそれのある方

 ・日本で生まれた子どもが小学生以上になっているオーバステイの外国人家族

 ・難病(小児慢性疾患等)のお子さんがいるオーバーステイの外国人家族

 ・うっかり在留期限が過ぎてしまい、更新申請の特別受理が見込めない方


 収容案件の対象となる方(収容案件は全国対応致します)

 ・摘発を受けて入管や警察の施設に収容されている方

 ・刑務所から仮出所となり、入管施設に収容されることが予定されている方

 ・既に退去強制令書が発付されていて、入管施設に収容されている方

 ・過去に出頭申告したことがあって、その時は手続の途中で入管との連絡を
 絶ってしまったのだが、再度出頭申告をしたいと考えている方

   上記はあくまで一例です。その他様々な類型で在留特別許可が見込める事案
  もありますが、在留特別許可該当性の判断は、より具体的にお話をお伺いした上
  で検討していくことになります。



 サービス内容(業務の流れ)


 出頭案件の場合

 ステップ1  お電話で面談のご予約
    ↓
 ステップ2  面談にて在留特別許可該当性判断を行います。
    ↓
 ステップ3  ご依頼後、ご用意頂く資料のリストを作成しお渡しします。
    ↓
 ステップ4  必要資料が集まり次第在留特別許可該当性の立証資料を作成。
    ↓
 ステップ5  入管への出頭申告(違反調査)
    ↓
 ステップ6  違反審査及び口頭審理が行われ、その日の内に在留特別許可の裁決
 

  上記の手続の流れは一般的なものとして挙げておりますが、事案によっては
 違反審査と口頭審理が同日に行われず、仮放免許可証が交付され継続審査と
 なることもあります。

  在留特別許可の裁決が出るまで数ヶ月(事案によってはそれ以上)かかることが
 予想されますが、処分確定までの期間のご相談もサービス内容に含まれております。

  いたずらに審査を長期化させないためにも、出頭申告時はしっかりとした立証
 資料の提出をすることが肝要です。



 収容案件の場合

 ステップ1  お電話で面談のご予約
    ↓
 ステップ2  面談にて在留特別許可該当性判断を行います。
    ↓
 ステップ3  ご依頼後、ご用意頂く資料のリストを作成しお渡しします。
    ↓
 ステップ4  行政書士が入管施設にいるご本人に面会します。
    ↓
 ステップ5  必要資料が集まり次第在留特別許可該当性の立証資料を作成。
    ↓
 ステップ6  行政書士が仮放免許可申請を行います。
    ↓
 ステップ7  口頭審理に立証資料の提出
    ↓
 ステップ8  仮放免許可
    ↓
 ステップ9  在宅審査に移行。事態の推移により追加資料提出の検討を行います。
    ↓
 ステップ10 在留特別許可の裁決


  上記の手続の流れは一般的なものとして挙げておりますが、手続がどのような
 流れで進行するかは、事案ごとに流動的な面があります。実際には警察(検察)
 や入管の動きに合わせて柔軟に対応していくことになります。
 
  なお、在宅審査に移行した場合は在留特別許可の裁決が出るまで数ヶ月
 (事案によってはそれ以上)かかることが予想されますが、処分確定までの期間
 のご相談もサービス内容に含まれております。

  口頭審理に提出する立証資料が、仮放免許可がされて在宅審査に移行する可能
 性(究極的には在留特別許可の可能性)を大きく左右します。口頭審理はやり直し
 がききませんので、速やかに資料の収集・作成を行う必要があります。



 初回面談

 面談は予約制ですので、お電話で希望の日時をご指定ください。

 定休日      : なし 土日祝日の面談承ります。

 営業時間     : 午前10時〜午後8時まで
             早朝・夜間の面談も可能な限り承ります。

 面談料(30分)  : 5,000円(税別)。正式にご依頼を頂いた場合、初回面談料
             は報酬額に充当します(つまり相談料は無料になります。)


    面談のみのご利用大歓迎です。お気軽にご利用ください。
 

 基本料金

 出頭案件

 着手金        80.000円(税別)
 実費           1,500円
 成功報酬          0円
------------------------------------------------------


 収容案件

 着手金       160,000円(税別)
 実費          1,500円
 成功報酬          0円
------------------------------------------------------



        初回面談時にお見積書をお渡しいたしますので、
       後日ご依頼の旨連絡頂ければ結構です。

<オプション>(税別)

 仮放免許可申請    80,000円
 国際結婚サポート   40,000円(収容中に婚姻する場合など)
 日当           40,000円(地方入管施設への出張等。下記参照)
 日当(半日)       20,000円(成田支局や牛久センター、
                       東京地裁での裁判傍聴等)


<各入管施設への出張費用について>

                      日当(税別)     交通費  
 札幌入国管理局          40,000円        35,000円
 仙台入国管理局          40,000円        23,000円
 東京入国管理局            な し          な し
 横浜支局                な し          な し
 成田支局               20,000円        6,000円
 東日本入国管理センター(牛久) 20,000円        9,000円
 名古屋入国管理局          40,000円        22,000円
 大阪入国管理局           40,000円        29,000円
 神戸支局               40,000円        33,000円
 西日本入国管理センター     40,000円        35,000円
 広島入国管理局          40,000円        43,000円
 高松入国管理局          40,000円        51,000円
 福岡入国管理局          40,000円        36,000円
 那覇支局               40,000円        77,000円
 大村入国管理センター(長崎)  40,000円        58,000円


  ご本人への面会と仮放免許可申請は同日に行いますので、出張費用は1回分
 ご負担頂ければ結構です。


 注意事項

・手続の性質上許可を保証するものではございません。
・本サービスには翻訳料は含まれておりません(別途お見積りいたします。)。
・収容案件については、時間が大変貴重になりますので、摘発後速やかにご相談ください。


お問い合わせ 03-6908-7888
地図はこちら







Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.