入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 配偶者ビザ編>Q6

Q6 夫に勝手に離婚届を出されるのを事前に阻止したいのですが

Q 私はフィリピン人の女性です。現在日本人夫と同居し「日本人の配偶者等」(1年)の在留資格をもっていますが、実は夫との夫婦生活は余りうまくいっておらず、いつも喧嘩が耐えません。

 そして最近はことあるごとに夫の口から「お前なんか俺が離婚届1枚だしたら日本にいられなくなるんだからな」という威圧する発言が目立つようになりました。

 私は正直、夫の私に対する人格を否定するような態度にはほとほと愛想をつかせておりますので、遠からず離婚をすることになるかもしれませんが、もしそうなるのだとしても、私の意見をまったく無視して、一方的に離婚を突きつけられるのは我慢が出来ません。

 私はあまり日本の法律には詳しくありませんが、友人に聞いたところでは、日本の法律では夫婦が協議した結果お互いが離婚届にサインをしなければ離婚は出来ないと聞きました。

 もっとも、市役所の窓口では、それが本人がしたサインなのかどうかは判断がつかないので、勝手にサインをされてしまえば、離婚届が受理されてしまうらしいとのことでした。

 もちろんサインをした覚えがないのであれば、後で裁判を起こせば離婚を取り消すことは出来るかもしれませんが、できれば事前に夫がそのような行為が出来ないように対策が取れないものかと考えています。



A 婚姻、離婚等の届出によって効力を生じる届出(創設的届出)については、「自分自身が市区町村窓口に来て直接これらの届出をしない限りは受理しないでくれ」と事前に申出ることができます。これを「不受理の申出」といいます。

 ながらく事実上の必要性から行われていた不受理の申出ですが、戸籍法の一部改正(平成20年5月1日)により明文化されました。

 この時の法改正では、不受理の申出をすることができる者は、本籍を有する者(日本人)に限定されたことから、外国人は戸籍法に基づく不受理の申出が出来ないことになってしまう懸念がありました。

 しかしその後法務省より通達が出され、外国人からの不受理の申出であっても、相手方となる日本人の本籍・氏名が特定され、届出によって効力を生ずべき認知、縁組、離縁、婚姻及び離婚の5つの届出については、同年6月6日より不受理の申出をすることができることとされました。(平成20年5月27日付け法務省民一第1503号民事局長通達)

 これにより相手の特定が必要なことや、不受理の申出のできる届出の種類がやや限定的ではあるなどの制約はありますが、、外国人でも不受理の申出ができることになりました。本件のようなケースでは、まさにこの制度が活用できますので、是非ご検討ください(仮にご主人が勝手に離婚届を提出しようとしても、受け付けてもらえなくなるばかりか、離婚届を出そうとした事実を市区町村があなたに通知してくれます。)。

 不受理の申出を行う市区町村は特に制限がありません(夫の本籍地でなくてはならない等の制約がない)。ですので最寄の市区町村に直接出向いて手続を行ってください。なお、郵送での申出や代理人からの申出は一切できませんのでご注意ください。




                                 Q&A 配偶者ビザ編 トップへ


                                   お問い合わせはこちら
  



   もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障


 在留資格認定証明書交付申請  

         80,000円
(税別)   詳しくはこちら


 在留資格変更許可申請  

         80,000円
(税別)   詳しくはこちら


 
  
在留期間更新許可申請  

           
15,000円
(税別)  詳しくはこちら


 永住許可申請代行サービス 
                        キャンペーン価格
         80,000円 →  40,000円
(税別)
                 今なら 半額!
                
                       詳しくはこちら


全国対応

 短期査証(観光ビザ)申請サポート

             40,000円(税別)  詳しくはこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.