入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 


    在留資格認定証明書交付申請代行サービス


            在留資格認定  80,000円(税別)


     もし不交付になっても 無料 で再申請できる安心保障


 サービスの対象となる方

      東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、

     群馬県、長野県、山梨県、新潟県にお住まいの方

 
                     ※静岡県の方はご相談ください。



 在留資格認定申請が必要な場合とは、例えば次のようなケースです。


 ・外国人妻(夫)を海外から呼寄せて日本で暮らしたい。

 ・海外の優秀な人材を採用し招へいしたい。

 ・グループ企業の海外事業所から本邦事業所に社員を転勤(出向)させたい。

 ・留学生や外国人社員の家族を呼び寄せたい。

 ・過去に強制送還になった妻(夫)を上陸禁止期間内に呼寄せたい。


   上記はあくまで一例です。その他全ての在留資格認定申請に
  対応致しますので、まずはお問い合わせください。


 サービス内容(業務の流れ)

 ステップ1  お電話で面談のご予約
    ↓
 ステップ2  面談にてお客様が希望する在留資格該当性判断を行い、
         必要資料についてご案内します。
    ↓
 ステップ3  必要資料が集まりましたら郵送又は持参ください。
    ↓
 ステップ4  申請書作成及び申請準備の完了
    ↓
 ステップ5  入国管理局へ申請取次(代行)
    ↓
 ステップ6  在留資格認定証明書交付
    ↓
 ステップ7  お客様へ在留資格認定証明書を発送(書留郵便)

  お客様は1度も入国管理局に行く必要はなく、当事務所へのご来所も1度で結構です
 (企業・ご自宅等への出張受付承ります。)。


 初回面談

 面談は予約制ですので、お電話で希望の日時をご指定ください。

 定休日      : なし 土日祝日の面談承ります。

 営業時間     : 午前10時〜午後8時まで
             早朝・夜間の面談も可能な限り承ります。

 面談料(30分)  : 5,000円(税別)。正式にご依頼を頂いた場合、
             初回面談料は報酬額に充当します
                  (つまり相談料は無料になります。)。


    面談のみのご利用大歓迎です。お気軽にご利用ください。
 

 基本料金

 着手金        80.000円(税別)
 実費           1,500円
 安心保障          0円
 成功報酬          0円
---------------------------------------------------
 


 当事務所では在留資格申請の許可率の高さには絶対の自信を持っておりますが、まんがいち不許可となってしまっても、無料で再申請を行いますので、どうぞご安心ください。


<オプション>(税別)

 家族同時申請   15,000円・・・1名ごと 同一世帯員の同時申請
 就労同時申請   40,000円・・・1名ごと 同一会社での同時申請
 新規事業案件   80,000円・・・新規事業で就労資格を取得する場合
 不交付案件    20,000円・・・ご自身で申請し不交付となった後の再申請
 入管法違反歴   40,000円・・・退去後、上陸禁止期間が満了してからの申請
 上陸特別許可   80,000円・・・退去後、上陸禁止期間内に認定申請をする方
 出張受付       5,000円・・・東京都、横浜市、川崎市及び相模原市。
                    その他地域は個別のお見積り

       カード使えます


 注意事項

・法律や法務省令の規定により認定申請ができない在留資格があります(詳細はお問い合わせください。)。
・申請取次の制度上本人確認が義務付けられておりますので、必ず申請代理人(または申請人)ご本人にお会いする必要がございます。
・本サービスには申請書以外の文書及び翻訳文の作成は含まれておりません(オプションに例示のないものは別途お問い合わせください。)。
・不交付の理由がお客様による重要な事実の秘匿又は虚偽申告によるものである場合は、再申請安心保障の対象外となります。



 
お問い合わせ 03-6908-7888
地図はこちら







Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.