入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 就労ビザ編>Q2

Q2 転勤ビザで入国後すぐに経営ビザへの変更はできますか

Q 私は東京でリサーチ会社を経営している日本人男性です。実はこの度の人事で社長の座を退き会長に就任することに決め、後任の社長には当社がアメリカに設立した子会社に特に優秀なアメリカ人スタッフがおりますので、その者を充てたいと考えております。

 しかし現時点では部下たちの士気に影響する懸念がありますので、この人事についてはごく一部の幹部にしか知らせておらず、時機を見て発表するつもりです。

 そこで質問なのですが、今回呼び寄せる時期社長候補の者を他のアメリカ人スタッフと同じ転勤ビザで呼び寄せ、正式に社長に就任の後経営ビザに変更することは出来るでしょうか。



A ご質問にあるように「企業内転勤」の資格で本邦に入国後に取締役に就任した等の理由により「経営・管理」への変更をすることについてはなんら問題はありませんので、通常の在留資格変更許可申請を行なって頂ければよろしいと存じます。

 ただし入国して直ぐにこの変更申請をすることになった場合は「理由書」や「経緯説明書」等の文書により、申請に至る経緯を審査官に説明しておいた方が良いでしょう。





                                  Q&A 就労ビザ編 トップへ

                                  お問い合わせはこちら
  



   もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障



  在留資格認定証明書交付申請  

         80,000円
(税別)   詳しくはこちら


  在留資格変更許可申請  

         80,000円
(税別)  詳しくはこちら

 
  
在留期間更新許可申請  

           
15,000円(税別)  詳しくはこちら


 永住許可申請代行サービス 
                        キャンペーン価格
   
      80,000円 →  40,000円
(税別)
                 今なら 半額!
                

                       詳しくはこちら




Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.