入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 学生ビザ編>Q8

Q8 留学生ですが、インターンシップの活動はできますか?

Q 私は東京の大学に通う留学生です。この度大学あてに、ある企業からインターンシップの募集があり、私はこれに応募しようと考えています。インターンシップの活動期間は6か月(週40時間)で月給15万円頂けるそうです。

 大学はこの活動を企業実習として単位認定してくれますので大学公認の活動になりますが、入管への届出などは必要でしょうか?
 


A 外国人学生が報酬を伴うインターンシップの活動を行うには「特定活動」(9号)の在留資格が必要ですが、この「特定活動」は「海外の大学の学生」でないと取得できません。

 質問文からはわかりませんが、もし質問者さんが海外の大学に在籍しており、期間を定めて交換留学生として本邦の大学に留学しているのであれば、その交換留学生としての活動を終えてインターンシップに参加するため「留学」から「特定活動」に資格変更することは可能です(インターンシップの活動が在籍する海外の大学に単位認定される又は卒業の条件となっているものに限ります。)。

 しかし海外の大学に在籍しておらず、単に本邦の大学に在籍しているだけであれば、「特定活動」(9号)の要件を満たすことはできませんので、残念ながら今回のインターンシップの活動に参加することはできないと考えます。

 留学生は資格外活動の許可を得れば週28時間のアルバイトが認められています。また、夏季及び冬季の大学の長期休暇中であれば1日8時間までアルバイトできます。したがってこの時間制限内のインターンシッププログラムであれば参加は可能です(夏休み限定のいわゆるサマージョブなどです。)。

 また、報酬を伴わないインターンシップであれば、週40時間の内容でも理論上は「留学」のまま参加可能です(大学において単位認定されるものやカリキュラムの一環として行われるものに限ります。)




                                  Q&A 学生ビザ編 トップへ


                                  
お問い合わせはこちら  



   もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障


  在留資格認定証明書交付申請  

         80,000円
(税別)   詳しくはこちら


  在留資格変更許可申請  

         80,000円
(税別)  詳しくはこちら

 
  
在留期間更新許可申請  

           
15,000円(税別)  詳しくはこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.