入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 学生ビザ編>Q1

Q1 理系の大学を卒業して営業職に就いても問題ないですか?

Q 私は都内の大学に通う中国人留学生です。大学では情報電子工学を専攻し、主に情報システムについて学んでおります。

 まもなく大学を卒業の見込みで、日本でシステム開発の企業に就職も決まっていますが、どうやら会社での私の業務はエンジニアではなく営業職になるようなのです。

 会社は私の技術系の知識と語学力を高く評価してくれており、これからのアジア市場開拓に期待した人事のようです。

 このような場合で就労ビザの取得はできますか?



A 自然科学の分野の科目を専攻して大学を卒業し、例えば自然科学の分野に属する技術又は知識を要する販売業務、または総合職的な業務に従事する場合であっても「技術・人文知識・国際業務」の資格該当性に問題ありません。

 大学等(専門学校は除く)を卒業した方については、理系と文系の境目は近年あまり厳格には解されてはおらず、例えば人文科学の分野の科目を専攻して大学を卒業し、人文知識の分野に属する知識を必要とするコンピュータソフトウエア開発などの業務に従事する場合も問題ないとされています。

 以前より入管では企業のニーズに対応する形で大卒者については行える業務を画一化するのではなく柔軟に対応してきましたが、2015年4月1日施行の改正入管法により、理系の在留資格「技術」と文系の在留資格「人文知識・国際業務」が統合されて「技術・人文知識・国際業務」が新設されたことにより、これまでの運用が明文化されています。

 しかし理系と文系の垣根が取っ払われたというわけではなく、履修した専門分野とまったくかけ離れた業務では引き続き在留資格該当性(基準適合性)は認められませんので注意が必要です(例えば専門学校で商業実務過程を修了したことを根拠にシステムエンジニアとして在留資格申請を行う等です。)。




                                  Q&A 学生ビザ編 トップへ


                                  
お問い合わせはこちら  



   もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障



  在留資格認定証明書交付申請  

         80,000円
(税別)   詳しくはこちら


  在留資格変更許可申請  

         80,000円
(税別)  詳しくはこちら

 
  
在留期間更新許可申請  

           
15,000円(税別)  詳しくはこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.