入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 永住ビザ編>Q5

Q5 養子が永住権を取る方法を教えてください

Q 私は日本人の男性です。私は15年前にフィリピン人の妻と結婚しましたが、残念ながら私たち夫婦には子どもが出来ませんでした。

 そこでこの度フィリピンにいる妻の妹の次男(16歳)を養子に迎えることにしたのですが、入国管理局で相談したところ、16歳では在留資格は取れないと言われてしまいました。

 本人は今回の話をとても喜んでおり、すでに日本語の勉強も始めているようです。将来は日本の大学に通わせてやりたいと考えておりますが、この子が末永く日本で暮らせるように永住権は取れないものでしょうか。



A もし今回の養子が奥さんの連れ子であればこの年齢でも「定住者」として呼び寄せることができたのですが、奥さんの「甥」ということではこの年齢の子を「定住者」として呼ぶことはできません。

 そのため何か別の在留資格で呼び寄せることになりますが、今回の場合ですと本人がタイにおいて高校を卒業するのを待って語学留学生として「留学」の資格で呼び寄せてはいかがでしょうか。

 なお、日本人の実子または特別養子であれば本邦に在留を開始して1年が経てば永住許可申請ができるのですが、今回の場合は普通養子ですのでこの規定には当たりません。

 したがって永住許可申請をするためには10年以上の継続した在留歴が必要になります。ただしこのお子さんは縁組当時本国において未成年(フィリピンは18歳から成年)ですので、本邦で1年以上の在留歴(1年以上の在留期間のある在留資格に限る)があれば簡易帰化の申請をすることができます。

 この点帰化申請は永住許可申請と違い、特別養子と普通養子を区別していません。ですので、今後も一家の跡取りとして日本で暮らしていくことが予想されるのであれば、永住許可申請によるよりも帰化申請によったほうが、より早期に在留を安定させることが出来ますのでご検討頂ければと思います。

※18歳を超えて縁組をしたのであれば、この簡易帰化の規定も適用されませんのでご注意ください。




                                  Q&A 永住ビザ編 トップへ


                                  
お問い合わせはこちら  



    もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障


 永住許可申請代行サービス 
                                キャンペーン価格
   
永住許可申請  80,000円 →  40,000円
(税別)
                 今なら 半額!
                

                         
   詳しくはこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.