入国管理局へのビザ申代行
  新宿西口 ビザ サポートセンター
 
                         



 HOME

 在留資格認定

 在留期間更新

 在留資格変更

 在留特別許可

 永住・帰化

 国際結婚

 養子縁組・認知

 事務所案内・地図

 報酬額一覧

 お問い合わせ

 サイトマップ

  リンク




 オーバーステイ・
   在留特別許可編

 配偶者ビザ編

 就労ビザ編

 学生ビザ編

 永住ビザ編


 こどものビザ編




 在留資格認定証明書
     交付申請

 在留資格一覧

 上陸許可基準

 査証相互免除協定

 上陸審査

 退去強制

 在留特別許可事例

 出国命令制度

 在留資格取消制度

 難民認定

 国籍法

 「投資・経営」の基準
   の明確化@

 「投資・経営」の基準
   の明確化A

 我が国への貢献に
  よる永住許可事例

 

Q&A 永住ビザ編>Q7

Q7 「5年」の在留期間がなければ永住申請はできませんか?

Q 私はヴェトナム人エンジニアで「技術」(3年)を持って滞在しています。近く永住申請をしようと考えているのですが、最近入管の法律がかわり「技術」にも5年の在留期間が新設されたと聞きました。

 以前であれば「3年」をもっていれば永住申請ができたと思うのですが、今後は「5年」がないと永住申請できないのでしょうか。



A 2012年7月9日の入管法改正により、「技術」などの就労資格を始めとした多くの在留資格で在留期間「5年」が新設されました。

 これまで外国人登録法により市区町村で管理していた外国人の居住や勤務先等の情報を、今後は在留カードの事務として入管で一元的に管理することが可能となり、外国人の生活実態の捕捉が容易になったことを受け在留審査の頻度を落しても問題ないとされたものです。

 永住申請との関係でいれば、従前より「現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第二に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。」という申請要件がありますが、法改正以降もこの規定は存続しています。

 しかしながら同規定は「当面、在留期間「3年」を有する場合は「最長の在留期間をもって在留している」ものとして取り扱うこととする。」とされているので、現在(2012年12月末日)は「3年」をもっていれば永住申請が可能です。

 この運用がいつまで続くかは不明です。おそらくは「当面」というのがいつまでを指すのかは法務省自身まだ決めていないと思われます。

 2012年7月9日の直前に「3年」で期間更新が許可された人もいるはずですので、おそらくは法改正後の更新申請が一巡する2015年7月までは現行の運用を維持せざるを得ないのではないかと推察します。

 また、法改正前にとある勉強会での法務省の官僚答弁に「「5年」の在留期間は「3年」の次に自動的に貰える性質のものではない。したがって、永住許可申請の要件を「5年」を持つ者に限定した場合、いつまでたっても永住申請ができない者がでることになるので、これまでどおり「3年」があれば永住申請可能とする。」とありました。

 その発言と合わせて考えた場合、2015年7月以降も引き続き現行の運用が続くのではないかと、当職個人的には考えています。





                                  Q&A 永住ビザ編 トップへ


                                  
お問い合わせはこちら  



    もし不許可になっても 無料 で再申請できる安心保障


 永住許可申請代行サービス 
                                キャンペーン価格
   
永住許可申請  80,000円 →  40,000円
(税別)
                 今なら 半額!
                

                         
   詳しくはこちら



Copyrights (C) 2005 甲斐国際行政書士事務所  All Rights Reserved.